数千万円という金額になる

コツコツと貯金をする

全国的な平均を見ると、3500万円ぐらいがあれば新築住宅を建てることができます。
ちなみにこの金額は、土地代は含まれていません。
すでに土地を所有している人は必要ありませんが、土地を買うところからスタートする人は、これに土地代として1000万円ほどが追加されると覚えておきましょう。

かなり高い金額なので、急に住宅を作りたいと思っても金銭的に実現するのは難しいです。
若いうちから、何歳ぐらいで自分の家を持ちたいのか、計画を立てましょう。
頭金用に毎月コツコツと貯金していれば、いずれ住宅を建てられるだけの金額が貯まると思います。
ただあくまでもこの数字は相場で、土地の広さや追加する機能、住宅の素材によって金額は細かく変化します。

住宅ローンを使える人の条件とは

3000万円以上を、現金で一括で支払える人はほとんどいないと思います。
まとまった資金を用意できない人のために、住宅ローンというシステムがあるので安心してください。
住宅ローンを借りると、毎月少しずつお金を返済していきます。
返済の期限が決められていますが、かなり長いので、計画的にきちんと返済していれば滞ることはありません。

ただし住宅ローンを使えるのは社会的な信頼に問題がなく、一定の収入を毎月得ている人になります。
これまでに負債を返済できなかった過去がある人や、収入がない人は審査を落とされる可能性が高いと覚えておきましょう。
とりあえず住宅ローンで支払いを済ませたいなら、その旨を業者に早い段階で伝えてください。


この記事をシェアする