相場をチェックしていこう

2人だけで暮らす場合

夫婦2人だけで暮らす場合は、55平方メートルから75平方メートルの土地があれば十分です。
このぐらいの広さがあればリビングとダイニング、さらにキッチンや夫婦の寝室を作ることができます。
とにかく、広い家に憧れている人が多いでしょう。
そこで暮らす人数が少ないのに広すぎる土地を確保すると、使い道がなく持て余してしまう可能性があります。

そして、基本的に土地は広くなるのに比例して価格も高くなると忘れないでください。
室内が無駄に広かったり部屋数が多かったりすると、お部屋の維持や掃除をするのが大変です。
新築住宅を建てる際は、広ければ良いわけではないと覚えておきましょう。
それよりも、自分たちの生活スタイルに合わせることが重要です。

家族が増えても良いように計画しよう

子供を育てることを前提とした際は、75平方メートルから100平方メートルは必要です。
この広さだとリビング、ダイニング、キッチンに加えて夫婦の寝室と子供部屋を確保できます。
子供が大きくなれば自分の部屋を欲しがるので、新築住宅を建てる時から計画に含めてください。
子供が増えたり、高齢の両親と同居したりするならもっと広い土地が必要です。

一度夫婦2人用の住宅を建てて、将来家族が増えるタイミングでリフォームをするのは費用が高くなるのでおすすめできません。
部屋をリフォームするのを前提に建てていなければ、住宅の構造上リフォームや増築ができないと言われることがあります。
その時に困らないよう、今から家族が増えた時のことも考えて土地を選び、それぞれの部屋を作りましょう。


この記事をシェアする